Cell-free and Concentrated Ascties Reinfusion Therapy

難治性腹水の治療とは?

腹水穿刺排液(ふくすいせんしはいえき)

  • おなかに針を刺してたまった腹水をぬきます。

腹水穿刺排液(ふくすいせんしはいえき)+アルブミン製剤の投与

  • おなかに針を刺してたまった腹水をぬき、アルブミン製剤を点滴します。

腹水濾過濃縮再静注法(ふくすいろかのうしゅくさいじょうちゅうほう)
(CART:Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy)

  • おなかに針を刺してたまった腹水をぬき、細菌、がん細胞や血球成分をとりのぞき、アルブミンなどの有用成分が濃縮された腹水を点滴で戻します。

腹腔・静脈(ふくくう・じょうみゃく)シャント

  • 外科的処置によっておなかのなかにカテーテル(チューブ)をいれて、腹腔内と静脈をつなぎ腹水を血管の中に戻します。
*利尿薬の投与
難治性腹水の場合でも、利尿薬の量を増やしたり、複数の利尿薬を組み合わせて治療することがあります。
~アルブミンの役割のひとつ~
血液中のタンパク質の一つに「アルブミン」があります。
アルブミンは、血管の中に水分を保ったり、水分を血管の中に引きこむ働きをしています。

ホーム

腹水について
腹水って何ですか?
腹水はどうしてたまるのですか?
難治性腹水症って何ですか?
難治性腹水の治療について
難治性腹水の治療とは?
CART(カート)について
CARTとは?
CARTの方法は?
CARTの特長は?
CARTの副作用
保険適用
Q&A
Q&A

CARTが可能な医療機関

お問い合わせ

本サイトは、患者さまとそのご家族の方への情報提供を目的にしたサイトです。治療法の実施については医療機関にご相談ください。

ページの先頭に戻る